業務内容

工法紹介

下水道管渠更生工法

SPR工法/インパイプ工法


下水を流しながら、開削せずに、強堅な管渠に再生します。

SPR工法

老朽化した下水管渠を再生させる画期的なシステムです。開削を行うことなく、極めて短時間のうちに、古い下水管が新管同様に甦ります。下水マンホールの中に「製管機」を持ち込み、帯状の塩化ビニール製「プロファイル」を地上から送り込みながら、スパイラル状のパイプを製管し、老朽既製管の内側にまったく新しい「更新管」を作り上げる、今までの常識を打ち破る工法です。

特徴


インパイプ工法

地中の管渠は、間断なく繰り返し作用する車の重みや振動を受けて、クラックや破損が生じ、また、硫化水素などによる腐蝕で長年にわたり疲労度が一段と加速しています。インパイプ工法は、強靭なFRP連続パイプを既設管内に形成することにより、老朽化していく管渠をリフレッシュし、半永久的に使用可能にする管更生工法です。光照射により硬化し、強度、耐久性に優れた新素材を応用しました。施工の容易さと、施工後の高い耐久性で、管更生工法の新しい時代を切り拓きます。

工法一覧

オーガー推進工法泥土圧式推進工法塩ビ管推進工法岩盤対応型オーガー推進工法
泥水式推進工法泥土圧式推進工法

全周回転式立坑構築工法下水道管渠更生工法

ページトップへ